知らないと損することも!?災害保険の落とし穴!上手に使って安心な補償を得る方法!!

記事内に広告が含まれます
house

近年、相次いで発生している自然災害。台風による床上浸水や不安定な大気の影響による落雷など、いつ自分の身に影響があるかわからない状況になっています。

今回は、万が一に備える災害保険について、損をしないため押さえておきたい保険ごとの特色や補償内容の確認方法、オススメの保険などについてご紹介します。

災害で補償される保険

災害に関する保険として、大きく次の3点が挙げられます。

災害保険に入っていても、実際に保険でどこまで補償されるのか、よく理解していないという方が多いようです。

  • 車に対する車両保険
  • 家屋に対する火災保険
  • 家屋に対する地震保険

車に対する車両保険

車の補償には自賠責保険と任意保険があり、それぞれの特徴は次の通りです。

自賠責保険事故を起こした際の対人賠償加入義務がある
任意保険自賠責では足りない部分の保証加入義務はない

任意保険のオプションである車両保険は、事故による修理のみではなく、次のような自然災害による破損も保証されます。

2021年3月末で全体の約46%の人が加入しています。

  • 雹(ひょう)がフロントガラスを直撃しヒビが入った

車両保険の注意点

車両保険は台風や洪水、高潮などの自然災害による損害は補償されますが、 保険会社が支払える額を大きく超える、地震・噴火・津波などの大規模災害より被った損害に対しては補償されません。

家屋に対する地震保険

地震による住宅の損害を補償できるのは地震保険だけです。

地震保険とは地震や噴火などによって発生した、住宅や家財の損害を補償する保険です。 地震による直接的な損害以外にも、地震を原因とした火災や津波による損害も補償されます。

加入には火災保険とセット契約が必要で、火災保険では補償されない損害なので、地震保険で備える必要があります。

  • 地震や噴火で火災が起こり、建物が焼けた。
  • 地震や噴火で建物が崩壊した。
  • 地震や噴火などにより家財が損害を受けた。
  • 地震による津波で建物が流された。

家屋に対する火災保険

申請期限は3年以内で、損害を証明できる画像の提出です。

  • 台風
  • 落雷
  • 土砂崩れ
  • 竜巻
  • 雹(ひょう)

以下は一般的な補償内容に含まれていない可能性があるので注意が必要です。

契約時にオプションで選択すれば補償内容を拡張させることができます。

車は火災保険で補償される家財の範囲には含まれず、地震保険でも補償対象になりません。

  • 洪水による浸水
  • 土砂崩れ

保健に加入するときは理解していても、時間がたつと忘れてしまうもの。定期的に現在の状況にあっているかを見直すことが推奨されます。 保険証券の主契約部分を確認すれば、補償内容と・保証される金額が書いてあります。 また、その他の保障特約に追加保障の契約内容が書いてあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました